The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
いえ、いまさらって感じはしますけどね?
2009-08-17 Mon 18:48
Ar tonelico

こんにちは〜
昨日ニコニコをぶらついていたらこんな動画を見つけまして



見てくれれば分かりますが…なに言ってるかわかんないの(´・ω・`)
それもその筈、この歌の歌詞はヒュムノス語というPS2ゲーム「Artonelico」の中で使われている言語だそうです。ちょっと興味があって調べてみたのですが…実際に新しい言語を作っていらした@@;
と言うことで今回はヒュムノス語について書いて行きたいと思います。


アルトネリコシリーズは、不思議な能力を持つ種族「レーヴァテイル」を巡る冒険を描くSFファンタジー。『アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女』では巨大な塔「アル・トネリコ」のそびえたつ世界「ソル・シエール」が、『アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩』では狭い塔の上にある世界「メタ・ファルス」が舞台である。
第1作のゲームの舞台ソルシエールは本シリーズのディレクターである土屋暁が大学時代に作ったテーブルトークRPG用の世界設定が原型となっており、シュレリアなどの登場人物の一部はその頃から存在しているとされる。元々、アルトネリコ第一作の開発は2000年にプレイステーション2用RPGとして企画が立ち上がったが、「魔法のベルを調合して魔法効果を生み出す」という自由度が高くまた煩雑で難易度の高い内容だった事もあって開発が中断、後にバンプレストとの共同企画として再スタートした際、上記の魔法のベル調合を「レシピ」の導入で簡略化した「グラスメルク」や「レーヴァテイル」「コスモスフィア」「ヒュムノス」といった本シリーズの特徴となる設定を加えることで、2006年の1月に発売された。 wikipediaより引用

wikipediaは最強


アルトネリコについてはwikipediaを見てもらうことにして(投
このゲーム内で使われているヒュムノス語ですが、なんと、公式ページにて文法、フォント、単語、など詳しいところまで書かれているのです…@@;

公式ページヒュムノスサーバー

一番驚いたのが、ヒュムノス語のフォントがttf形式で配られていることです…(無料
文頭に書いた文字は指定フォント設定でヒュムノスにしてあるので、フォントをインストールすれば変わります。
フォントインストールはコンパネ→フォント→ファイル→新しいフォントのインストールorフォントフォルダにttfを突っ込むとできますよ(*^^)b

基本的にベースは英語で、abcに対応した文字があります。
例:A→A、B→B
(フォントをインストールしないと分かりませんが^^;)

文字全てが一つの直線を中心に作られており、普通に書くとスペースしない限り、繋がって見えます。
例:ABCDEF(ABCDEF
(フォントをインストールしないと分(ry

文字の大文字小文字の区別は文字内に●が含まれているか、いないかで区別します。
例:A→A 、a→a
(フォントを(ry


など、他にも「文法は英語のSを抜いて文頭に感情を表す想音をつける」など、本格的です。

深く知りたい方は上のヒュムノスサーバーか、他の有志の方が作ってらっしゃるサイトがあるのでそちらを参照してくださいm(_ _)m

Ar tonelico未完成小辞典様こちら

以上です。
ゲームの奥深さを知りました・・・
またこのゲーム、過激な言い回しでも有名ですww
詳しくは動画を参照のことw
それであ〜ノ~



スポンサーサイト
別窓 | ニコニコ動画 | コメント:0 | トラックバック:0
<<Nemuiday | Free Sky Breeze | コミケ2日目アフタ~レポート>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Free Sky Breeze |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。