The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
SplashOSをインストールしてみるだなも
2012-03-20 Tue 19:17
帰ってきた矢先、次記事がお久しぶりですと言うわけにもいかないので投下いたします。
さてさて今回のお題はこちら


「お前に足りないものは、それは!情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!そしてなによりもォォォオオオオッ!!速さが足りない!!」



ということで、PC的な速さを求めたいと思います。
PCの高速化ーなんて言ってレジストリいじったり、回線の最適化をしたり、常駐をひたすら消して行ったり・・・と地道な作業を続けていったとしても、体感的な速さの違いを感じられることはなかなかありません。
ならば、手っ取り早く新しく軽いOSを入れてしまえばええんでない?ということで試してみたいと思います。


目標としてはサブPCのネットブックに最適化したOSを入れて作業効率化を目指します。


さて、それでは人柱用PCにOSを入れていきましょー。


まずは、『Splashtop OS』
Linuxベースで作られた高速起動専用のOSです。
Chromiumをベースにしたブラウザーのみを搭載しているため本当に調べ物がしたい時専用のOSのようですね。
ちなみにHDDには一切アクセスすることができないので、ダウンロードなんかはできませんが、ニコニコ動画などのストリーミングには対応しているのでできることは結構有りそうです。

このOSの特徴はwindowsであればwindows上にファイルが生成されること。
つまり、従来のLinuxのようにパーティションを切って・・・フォーマットして・・・という作業がなくなります。
さらに、MBRの書き換えが無く、windowsのMBRで起動するのでgrubなどの導入で伴うリスクがありません。
とりあえず試してみよう・・・ということもできそうですね。
アンインストールもwinodwsから行えるのでちょっと試してみよーみたいな気楽な感じでも始められます。
そう考えるとLinuxにしては敷居が低くて扱いやすそうですね…

なお、マイクロソフトとITベンチャー企業が組んで作られたOSなので、一応安心ですね。
現在は配布終了しているようなので、公式サイトからはダウンロード出来ません。



さてそれでは簡単インストール。
なお、インストールに使用しているPC

TOSHIBAのdynabook PX/51E(デュアルブート:WinodwsXP&BodhiLinux)
CPU:Celeron 1.86GHz


です。

ファイルは個人で用意してもらうことにして、
ヒント:Splashtop_OS_v1.0.5.2
まずインストーラーを実行します。

WS000000.jpg

実行すると上のような画面が出ますのでStart。

WS000001.jpg

ファイルのダウンロードが始まるので日本茶をすすりつつ待ちます。
320MBあるので、HDの空きにはご注意ください。

WS000002.jpg

よくあるインストールの画面が出てきますので次へ。
間に何個かNextを押すところがあったと思いますがキャプチャするのわすれてます^^;

WS000003.jpg

利用規約が出ますのでざっと呼んで同意しましょう。

WS000004.jpg

インストールが開始されます。

この間に何個か画面があるのですがキャプチャ忘れていますorz
一応ここでIEとFirefoxのブックマークをインポートできます。
ブラウザがChromeの場合についてもChromiumベースですのでGoogleアカウントで同期できるのでご安心を。


WS000005.jpg


コレでインストール完了です。すぐにSplashtopOSを起動したい場合はrestart、それ以外はFinishで。
再起動しますと、真っ黒な画面にWindowsとSplashOSどちらかを起動するか選択するところが出ますのでSplashOSを選択。
放っておくと10秒とたたずにwindowsのほうが起動してしまい、また再起動しなくてはですのでお気をつけて。


さて、使用感ですが、うーんという感じ。
確かにXPと比べたら起動速度や動作は段違いで調べ物するにはいいんですが、Linuxと比べてしまうと少し遅いかなあ、と。
ブラウジングはひとつのタブなら快適ですがマルチにしていくとうちの子では2つでかくかくでした・・・
一つのタブの時、試しにYoutubeを再生してみたんですが、ちゃんと音は出ますし再生はできますがページをスクロールすると若干動画がもたつきます。

それと、解像度が若干低いです。
1024xくらいでしょうか…?もうちょっと低いかもしれませんが、普段の画質が1600xぐらいの方が入れるとちょっと工エエェェ(´д`)ェェエエ工っとなるかもしれません。

それと、『Windowsに戻る』というボタンがあるのですが、そこから飛ぼうとするとBiosにハードディスクエラーと言ってはじかれてしまいます。
まあ、Biosで弾かれる状況は恐らくデュアルブートという特異なステータスがあるためだと思われるので、普通にインストールされる方は気にしなくても恐らく大丈夫です。
Biosに弾かれた場合、PCの電源を直切りして再起動すれば普通に起動できます。

良い点はGUIが結構スタイリッシュでとっつきやすいですね。
余談ですが、splashtopのほうでgoogleアカウントを同期して全て同期するとスタイリッシュGUIが適用されてしまいます。。ということは逆も・・・?

迷ったことですが、日本語入力するにはControl+スペースキーで変更しないと入力できません。
ただ英語のままでも基本的にgoogleの候補でカバーできるので支障はないかもしれませんねw


まあもう少し使ってみて契約するか決めたいと思います。。




以上です。
最近はASUSなんかのPCに標準搭載されているそうです。
配布停止してしまたのは惜しいですが、これからどんどん標準搭載機種が増えていきそうなのでなにか進展があるかもしれませんね。

それと似たようなOSとしてChromeOSというものもあります。
こちらもChrome系ですがネットブックが対応していないと駄目・・・?とかもう少し調べる必要が有りそうです。


さて、次回は「Tiny Core Linux」を入れてみたいと思います。
その名の通り、非常に小さな容量の軽量Linuxディストリビューションで、イメージサイズはなんと12MB。
しかもその容量でGUI搭載という脅威のOSです。サクっと入るといいんですが。。


それではまたお会いしましょう。ここまでのお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:2
<<Windows8CP版に触れてみた | Free Sky Breeze | 生存報告。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
帰ってきた矢先、次記事がお久しぶりですと言うわけにもいかないので投下いたします。さてさて今回のお題はこちら「お前に足りないものは、それは!情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!そしてなによりもォォォオオオオッ!!速さが足りない!!」ということで... …
2012-03-30 Fri 05:56 まとめwoネタ速suru
帰ってきた矢先、次記事がお久しぶりですと言うわけにもいかないので投下いたします。さてさて今回のお題はこちら「お前に足りないものは、それは!情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!そしてなによりもォォォオオオオッ!!速さが足りない!!」ということで... …
2012-05-02 Wed 09:20 まとめwoネタ速neo
| Free Sky Breeze |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。