The link at the date of the calendar is an entry.
強いられているフツウノファンタジー感想【EX-ONE】
2013-02-06 Wed 15:20
ss_R.jpg

レビューすることを強いられています。
ということでEX-ONE作品「フツウノファンタジー」レビューです。


ss14_R.jpg

 はじめから
→つづきから続きます
 おまけ
 ゲーム終了

※ネタバレ注意

今回もSS少なめなのと途中で一回記事が消えたのとできっと文章も少ないですorz

【キャラデザ・背景】
ss15_R.jpg

原画は一葉モカさん。
綺麗な塗りと太めの線が特徴的な絵師さんですね。
背景が若干あらい感じで、CGの中にはものすごい適当な木と草原が合ったり…
まあただ、視点をぼやかして見れば問題ないレベルではありますので、そこまで心配はいりません。
ただそれを差し引いてもキャラの立ち絵の良さは抜群で特にリブラとかマユマユとかかなり可愛いです。。
個人的にはリブラが他キャラとは一線を画した可愛さだと思います…帽子のグラデーションとかひらひら服とかとかとか。。。



【シナリオ】
世界観を生かしたシナリオ構成がとても良かった。
特にラスボス戦は熱かったですね…!やっぱ、長ったらしいやたら古文な詠唱と名前を叫びながら必殺技を放たないとですよ!ゲームは中二病であってこそでしょう。。

ギャグとシリアスの塩梅がよく、特に主人公のツッコミのキレが冴えわたっています。。
クリスルートでは特にツッコミ回数が多く、中盤はほとんどツッコミ修行みたいになってませんかねあれ。

それそのルート分岐なのですが、バッドエンドはなく、選択肢によってCGやイベントが増えていき、好感度が一定以上であるとルートのラストでHシーンと差分CGが追加される形です。
なので最初から計画的に行かないとCG回収がとてもめんどくさい…下手をすると10週ほど回される可能性もあります。
特にリブラルートに関しては他のルートを一つでもクリアしていないと差分が出ないので注意です。。
私のようにリブラを何周もするようなことがないようにお気をつけください…
攻略サイトを見ながらでもいいのですが、自分が回ったサイトですと何個かCGが回収できないところもありましたので・・・・ええと、頑張ってください

シナリオの構成的にキャラルートが独立しており、攻略対象以外の女の子とのドロドロしたシーンは全くないです。
なのでそういうのが苦手な方は安心ですね。

ラストは必見です。


【キャラの可愛さ】
ss2_R.jpg
アカシック・リブラリアン C.V.火野瑛美(こやまきみこ)
無口毒舌ロリよろし。
主人公が封印を解いたらしい魔導書。
息をするように毒舌を吐き、主人公のツッコミ回数はおそらくクリスを超え最多。
終始そんな感じのためルートに入った時のギャップはとてつもないものでした…まあ、ルート入ってからも毒舌は勢いを衰えるどころか強化されますけどね。
声もウィスパーボイスが耳をくすぐり、リブラのセリフは何度もリピートした記憶があります。。
kazer一押しです。


ss115_R.jpg
ヒスイ・ハーティア C.V.杏子御津(門脇舞以)
純粋無垢お姫様(?)。
与えられた職業は勇者。
魔王を倒すために光の女神より加護を受け旅に出た、ということになっている。
主人公に信頼を寄せており、作戦支持なんかも主人公に委ねます。。いや、さすがにそれは勇者がやるんじゃ…
とにかく純粋天然系で、いわゆる王道ですね。

進めていくうちに、あっ門脇さんや…となりました。


ss17_R.jpg
カレン・ディー C.V.平山紗弥(成瀬未亜)
世間知らず男勝りギャップ可愛。ついでに脳筋。
勇者が旅立ち、始めて合うことになっている戦士の少女。
主人公とは魔物によって洞窟に閉じ込められている子どもたちを助けに行くときにであった(魔王なのに人助けを始める主人公です)。
途中から主人公にデレデレになるのでいやなかなか…ルート入ってからも主人公にデレデレです。

はじめ聞いたときは成瀬未亜さんには聞こえなかったですね…最近ではウィッチズガーデンのタマ先生とかも一瞬わからなかった…流石です…


ss16_R.jpg
クリス・ベール C.V.猪狩純(安玖深音=後藤麻衣)
誘惑系お姉さん。
神殿に仕える神官で主人公とは神殿の前で出会い、そのまま主人公を神殿に連れ込み誘惑した。
神官とは思えない行動が多々…どころかそんなことしかしない。
修道服を着崩しまくっており、主人公を誘っているセリフでツッコミを入れさせる。
クリスのボケに対する主人公のツッコミが冴え渡り過ぎていて笑いますw

ss6_R.jpg

ss7_R.jpg

だいたいこんなかんじの応酬が続きます。
(リブラのは撮り忘れてました…)
声ですが誰もが一声でわかる安玖深ボイスでした。
個人的には安玖深さんといったら妹なんですが、今回はおねいさんキャラということでちょっと新鮮な感覚でプレイしていました。なかなかどうして癖になるキャラですね。。

15_R.jpg


他。マユマユとアスモディウス。
マユマユの声優は佐藤しずく=南條愛乃なのでハイテンションココロちゃんって感じがすごいです。
リブラと徒党を組んで主人公にツッコミを入れさせる様は圧巻。

アスモディウスは主人公の忠臣で最初から最後まで真面目なんだかぼけているんだかわからないです…ただ最後は超かっこよい。。
サブキャラの濃さもばつぐんでした。
後四天王がいたんですが…SSどっかに消えたのでした


【システム・エフェクト・操作性他】
ゲームエンジン:CatSystem2
ディスクレス(NODVD)起動:可能
ネット認証:なし

http://cs2.suki.jp/index.html

↑CS2のエンジンもURL見つけましたのでペタリ。
動作に関しては問題ないです。サブ機の方(Corei5 2.6GHzぐらいだったかな…?)でやっていましたが基本的にもたつくところはなかったです。
ただ、ちょっとしたバグが残っているみたいです。。
後半のリブラのドラゴンの話が出てきたあたりでウィンドウが消えて立ち絵だけになり、声は聞こえるのですが主人公の言っていることがわかりません…
まあ次のシーンに行くと戻るんですがね。。多分Q-SAVE→Q-LOADでも治ります。

他にはコンフィグ画面とかでよく喋ってくれてちょくちょくネタを挟んでくれます。
たとえばLOADに入るときに


「闇に呑まれし漆黒のLOAD…」by主人公


SAVE画面を開いた時に


「このゲーム、パスワード制なんだっ」byクリス


とか色々行ってくれます。パスワード制はちょっとビビりました…
他にも前キャラでワンアクションごとにセリフがあるのでそういうのを探すのも楽しいですね。

後特筆するところといえばRPG風画面とか


ss8_R.jpg


手違いでその画面のSSが消えたのでちょっとセリフ入ってますがコレで代用デス・・・
こういう画面が出ますが、いわゆるここが選択肢になっており、戦闘時の行動によってルートが決まっていきます。
ただ、行動といっても多くて選択肢は3つですし、そのキャラの好感度が上がるのかもわかるのでゲーム要素はあまいないです。ちょろいっっ!!!
後は口パクがある程度でしょうか?主人公ボイスも後半あります。

以上です。
あとはネタSS詰め合わせです。

ss3_R.jpg
この世界では常識に囚われてはいけないのですね

ss5_R.jpg

…SS少ないのであんまりなかった…
てか、思ったより長くなってしまいました…もっと簡単でいいのに。。
それではまた。

次はFlyable Heart。
スポンサーサイト
別窓 | ADV | コメント:0 | トラックバック:0
<<ラヴレッシブプレイ中 | Free Sky Breeze | Justy×Nasty~魔王始めました~感想【Whirlpool】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Free Sky Breeze |